<< April 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | - | - | -
ブログ休止のお知らせ
長らくブログを放置してしまい申し訳ありません。
しばらくブログはお休みさせて頂きます。
また再開しましたら、よろしくお願いいたします。


おさだ朗 事務局
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0)
初ボタル
P6041267.JPG
(初ホタルの画像)
6月4日(水) 初ホタル

今日、家の周りでホタルが飛ぶのを確認しました。
7,8ぴき楽しそうにというより
寂しそうに眠そうに
ふらふらした軌跡を描いていました。
そのうちの一匹が
網戸につかまり光を放っているのを発見し
シャッターを押したのが上の写真。

何やらSTAP細胞のマウスの胎仔の写真を連想する色合い。
image.jpg
そもそも、万能性のチェックに使われているマーカーが
ノーベル賞受賞者の下村教授発見の
オワンクラゲの発行体(GFP)に由来するから
色合いが似てて当然かも。

ところで
水は直りました。
今日から文明生活が戻りました。
水のありがたみを痛感した4日間でした。

その間、家族で、
「霊泉湯」、「伊勢湯」、「いづつ湯」、「錦水湯」と
伊勢の銘泉をいくつか回ることができ
銭湯の良さを再発見できました。
行くことができなかった残る三つの銭湯にも
近々出かける予定です。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | プライベート | comments(0) | trackbacks(0)
鉄輪(番外編2)

(藤原新也写真集:日本景伊勢より)

6月1日(日) 鉄輪(番外編2)

彼は伊勢市内、伊勢神宮を含め
カメラを携え歩く中
あとがきによると、この場所で何か”場”を感じたという。
実に光栄な話である。
と同時に私もこの頃
不思議な感覚になることがよくあった。
心がとろけるのである。

坂の下のほうにあるのが私の田小屋で
坂の途中には岩清水の「銀名水」が湧き出ている。

不思議な感覚とは、
田小屋付近の芝の大地に寝そべると
実は「眠くなる」のである。
心がとろけるというか
地面に吸い寄せられるというか
一言でいうと「心地よい」のである。

どうせ寝不足だったのだろう、
怠け心の延長線上…などと言われると
否定する術はないが
地面に寝っ転がると
魂がとろけだすのだ。
寝るでもなく覚醒するでもない
その中間でまどろむのがたまらなく好きだった。

若いころ南米を旅したとき
いろいろな遺跡に遭遇した。
ペルーのマチュピチュ、
ナスカの地上絵
ユカタンのピラミッドなど
行けば必ず眠くなった。
あの感覚と同じ感覚を日本で感じたのは
ここの田んぼだけである。

私は、無性に藤原新也氏に
この想いを伝えたい衝動に駆られ
どう調べたかは記憶にないが
自宅に電話を入れた。
当時はポケベル全盛期で
ネット検索などSF世界の話。
多分、出版社を通じてだろう。

電話口に、奥さんらしき女性が出てくれた。
はじめは怪訝そうだったが
話を聞いていただくうちに
相槌もやわらかくなっていくのが感じとれた。
伊勢弁効果であろうか。
藤原新也氏本人は不在だった。
次作の著書の原稿執筆のため
どこかの温泉のホテルにこもって
仕事をしているという。

伝言でもと思ったのだが
驚いたことに、
ホテルの番号まで教えていただいた。
早速電話した。
緊張のあまり余裕もなく
会話というより
一方的に話を聞いていただいた。
5分ぐらいだっただろうか。
何をどう話したかよく覚えていないが
「藤原先生が訪れた私の田んぼは
 もうすぐ稲刈りです。
 新米を贈りますから是非
 召し上がってください。」
と言い残し受話器を置いたのは覚えている。

それから一月もしないうちに
高麗広のわが田んぼでとれた
コシヒカリ30キロを宅急便で送った。
   (おわり)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | プライベート | comments(0) | trackbacks(0)
水が来ない!
P5311252.JPG
(折れたバルブ)
5月31日(土) 水が来ない!

今日は、久振りの全休日。
仕事が休みの日でも、
会議、打ち合わせや会食など
予定がはいいっているが多いが
今日は予定帳が真っ白で
ゆっくりした一日を過ごす予定であった。

ところが、今日の朝、
「銀名水の水場のあたりに蛇がいた。」
との話を聞き
一応偵察がてらミニ散歩に出かけた。
蛇は案の定、その場所でじっと退治に来る人を
待つわけでもなく蛇退治は不発。
ミルキー、ヤマトの両愛犬の墓をお参りし
家に帰る途中、あるバルブの調子をチェックしていたら
いきなりぽきりとバルブの根本が折れてしまった。

我が家の水道の状況を
お話しすると上水道が来ていないのだ。
高麗広は上水道の恩恵を受けていない。
水源は各戸が独自に確保し使用している。

水源は、川水、谷水の表層水や
井戸水、ボーリングの打ち込みの地下水など
いろいろある。
我が家は、谷水である。
向かいの谷から4,5百メートルかけて
水を引いている。
家の近くに、パイプ内の泥などを抜くための
水抜きバルブがあり
破損したのはこの水抜きバルブだ。

折れた瞬間、かなりの圧のかかった
水が勢いよく吹き出し
一瞬にして全身水浸し。
現在、全開状態のため
水が一滴も来ない状態となる。

水道屋さんが来てくれるのは
月曜になりそうです。
飲料水は銀名水の湧き水を
久しぶりに汲みに行き
何とかしのげるが
風呂は無理。
P5311256.JPG
そこで、河崎の「霊泉湯」
行ってきました。
ここの湯は初めてだ。
こじんまりしていて、
よく手入れの行き届いた
心地よい銭湯だった。
P5311259.JPG
ここは、夜、ネオンの看板に
明かりがともると雰囲気ががらりと変わる。
温かそうな「湯」の赤文字と
P5311260.JPG
水の清らかさを連想させる
「霊泉湯」の青文字、
そして、癒し空間を創造させる
みどりのライン。
いい湯でした。
水が来ないという現実は
危機的な状態ですが
明日は、どこの湯にしようか
楽しみにしている私です。



 
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | プライベート | comments(0) | trackbacks(0)
鉄輪(番外編1)
P5281231.JPG
(藤原新也写真集:日本景 伊勢)

5月31日(土) 鉄輪(番外編1)

還暦メモリアル旅行のプライベートの内容に
お付き合いいただいた方、本当にお疲れ様でした。
元は、20年以上前に読んだ
EPSON001.jpg
藤原新也の「鉄輪」の世界に浸りたい思いで
目的地としたことは述べたとおりだ。

実は、藤原新也氏については
個人的なエピソードがある。

彼は1994年に
「日本景伊勢」という
写真集を出版した。
藤原新也が伊勢を撮った。
見慣れた日常の街が
藤原美学のレンズを通ると
如何なる表情を見せるのだろうと
わくわくしながら買い求めた。

正直、ここだけの話だが
読み終わっての感想は
数ある彼の作品の中で
私にとって最も印象が薄かった。
失礼な表現になってしまったが
私の鑑賞能力の低さ、感性の低さが
原因であることは言うまでもない。

読み終わって、最終ページに
全ての写真の撮影場所が
地図に落とし込まれていた。
そして、あとがきが1ページあった。

この骨太のあとがきを読むうちに
思わず「え!」と声をあげんばかりに驚愕した。

彼は伊勢に春訪れたとき
シャッターを押す”場”に出会うことがなかったが、
高麗広の仙人谷(私の田んぼ)で
その”場”を感じたというのだ。
彼が伊勢に来て
何を感じ、
何を迷い、
何に諭されたか
短い文章に濃厚に表現されていた。
一部を引用する。
******
 再び伊勢の風景に向かい合うときに持つべき姿勢についてある示唆を投げかけてくれたのである。
 それは伊勢神宮のかたわらを流れる五十鈴川沿いで撮られた数葉の写真だった。川沿いに南に向かって山道をたどり、
小さな集落を過ぎてさらにしばらく歩くと、とりたてて何が見えるでもないのに妙に胸さわぎがする一帯に足を踏み入れた。
写真行為の前提には得体の知れぬ胸さわぎを覚えることがしばしばある。写真はものを見て知覚し、それを写すだけの行為の産物ではない。写真を撮る前に、ある”場”に近づいたとき、体が何かを感じとっていることがよくあるものだ。
 西にそれる脇道がありその入り口付近がほのかに輝いていた。

*******引用終わり。

(日本景伊勢より)
その時、撮影されたのがこの一枚である。
高麗広の我が家の入口なのだ。
当時は、家も建っていない。
三反ほど、米作りをしていた。

彼は伊勢市内、伊勢神宮を含め
カメラを携え歩く中
この場所で何か”場”を感じたという。
実に光栄な話である。
と同時に私もこの頃
不思議な感覚になることがよくあった。
心がとろけるのである。
           (つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | プライベート | comments(0) | trackbacks(0)
ゴミゼロ運動


5月30日(金) ゴミゼロ運動
宇治地区では、この日は住民大集合で
美化清掃を行います。

主催は五十鈴川水系会議。
代表は私が務め、主力メンバーは
森田さん、向井さん、岡野さん、私の家内など。
おもな参加団体は
進修まちづくりの会さん
自治会のみなさん
宇治和老会さん
進修小学校の全校児童
保護者の有志
おはらい町会議さん
などの方々にご協力いただきました。


今日は、8時45分に宇治公民館集合。
簡単なあいさつ、注意事項を述べ
いざ出発。

宇治浦田駐車場や五十鈴川河川敷(浦田橋下流)など
ゴミ袋片手に歩きながら、ごみを拾ってくださる人、
使い慣れたかまを上手に使い、草を刈ってくださる人、
めいめいが、出来る形で汗を流してくれました。

小一時間ほど美化清掃していただき
最後は、しっかりとごみの分別も
していただきました。


うれしいことにこの地域は
管理がされているばかりか
自主的に朝、散歩がてらに
ゴミを拾って下る人がみえたりと
ゴミが年々少なくなってきている。
うれしいことですが悩みですが、
今後、この現状に合った取り組みを
何か考えたほうがいいと思いました。

今日ご参加のみなさん。
本当にありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | イベント・行事・式典 | comments(0) | trackbacks(0)
STAP細胞(4)

(朝日新聞電子版より)

5月28日(水) STAP細胞(4)

■「捏造・不正」の烙印。理研には責任はないのだろうか。
5月8日の理研の調査委員会の会見では、
小保方氏から出された不服申し立てに対し、
「データの加工で、結果が真正でないものとなった」
「認定を覆す新証拠はない」
「悪意は明らかだ」
との結論を出した。再調査は行われず
「捏造、不正論文は確定した。
次の段階では処分が検討されるという。
(この調査委員会のメンバー4人についても
論文の不正が発覚している)
 理研には責任はないだろうか。
 STAP論文の共同研究者の
8人中3人が理研の職員である。
共同責任者に名を連ねる以上
論文の内容に自ら責任が持てるよう
しっかりとチェックを加えるべきだし、
こうなった以上同罪であるが、
今は、彼女の周りに残る
共同研究者は皆、敵にまわって被害者のような
口をきいている。

■科学の殿堂「理研」の管理下での実験。
 ふつうは凍結試料や膨大な画像データなどあるよな。

論文の撤回を勧告し、「捏造・不正」の烙印を早々押した。
が、しかし、一方、理研は1年かけて
STAP細胞の再現実験を現在進行中だ。
7月には中間報告をするという。
不正、捏造と断罪するのであれば
その必要もないはずだが
理研は研究・検証を進めている。
理研には必ず冷凍保存された
STAP細胞の試料があるはずで
彼らはそれを左手に持ちながら
確固たる確証をもって
より深くSTAP細胞を秘密裏に
調べ上げているのではないだろうか。

■「論文撤回」は最後のカード。
小保方さんが握って離さないカード
「論文の撤回」の拒否。
これを手放した瞬間
「STAP細胞の手柄」の所有者は白紙となり宙に浮く。
次の瞬間、理研は周到に準備した詳細にわたる
信頼性の高い研究成果をネイチャーに発表。
巨大科学組織の陰謀説のような
話になってきたが、
私は、笹井副センター長の記者会見で
印象に残っているのは
「STAP細胞は本当にあるのか」
という質問に対し
「STAP現象でないと説明がつかない
不思議な現象なわけです」
「全自動の撮影装置で何人かがかかわった重要な映像には
人の手は加えられないものがある。」
と答えた点である。
細胞学の権威である彼が
公の場で答えたしその根拠も述べていた。

■映画「コンタクト」のラストシーンに
ラストシーを書いてはいけないのだろうが
主人公の女性科学者が
宇宙人からの設計図で作った
ワームホールを利用した時空移動装置で
ベガ周辺まで旅をし地球に戻ってくる。
その体験を語るが誰も信じてもらえない。
持って行ったビデオカメラにもなにも写っていない。
しかし、ラストシーンで政府関係者の
短い極秘のやり取りがあり
「映像は写っていないが、ノイズの長さは
彼女の体験の長さと同じだ。」
「では研究を進めよ」

妄想の世界に入ってしまったが
理研の首脳部は、STAP細胞の存在の確証をつかみ
メカニズムまで含めた研究段階に
進もうとしているのではないか。

■妄想:近未来予測
STAP細胞の近未来予想。
・小保方さんは、様々な理由から9月に論文を撤回する。
・そして、海外オファーに応える形で渡米し
 民間ラボで研究活動に入る。
・そして、今年の年末ごろから春にかけ、
 新STAP細胞の報告が理研から出さる。 
 新たな現象として新論文を発表する。
  論文タイトル
  「STAP現象が発現する条件と
   外的刺激による細胞の初期化の
   メカニズムの解明について」
・その後、そこに示された具体的方法により
 再現実験の成功が各国から伝えられる。

とにかく今年は、常識が覆るような何かが起こる。
そんなわくわくした科学界であってほしい。
妄想の世界にお付き合いいただき
ありがとうございました。
  (おわり)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | 時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)
STAP細胞(3)

(1月28日のSTAP細胞論文発表記者会見
         :朝日新聞記事より)

5月27日(火) STAP細胞(3)
■私は信じてみたい。そして、信じていたい。
私は、今でも「STAP細胞は存在している。」と
考えるたぶん少数派である。
根拠は全くないが、電磁誘導の単位にもなっている

アメリカの物理学者ジョセフ・ヘンリーいわく

「偉大な発見の種はいつでも私たちの回りを漂っている。
 しかしそれらが根を下ろすのは、
 それを待ち構えている心にだけなのです。」


 既成理論の延長上にない新しい科学の扉は
 彼の言葉にあるように、得てして
 何気ない日常の中にその糸口は漂っていて
 それに気づくのは
 無名の若い科学者が
 欲にけがれていない手で
 その扉のノブを回す。

 美学である。
 STAP現象は、存在すれば21世紀の美学として
 語られるほどの成果となろう。もし本当なら…。
 私は信じたい。 
 今まで、科学の新説で、何度かだまされたことがあるが
 その話は、脱線すると戻れないので 次に進む。


■理研 VS 小保方 憎悪にまみれた泥仕合の様相
 
5月26日小保方さんは、理研の懲戒委員会に
弁明書を出したと記事があった。
 不正・捏造のレッテルを張られ異議申し立ても
8日に却下され、再調査が行われず
現在、懲戒委員会で処分を検討中だ。
 そこへ弁明書を提出し、処分によっては提訴も
検討というから、理研と小保方さんは憎悪にまみれた
関係になってしまった。


■あの蜜月のときはいずくに…
上の写真は1月28日記者発表の様子だ。
中央が理研の笹井芳樹副センター長、
右が山梨大の若山照彦教授だ。
ニュース映像を見直すと、
あの頃の論文共著者は
この世の春と浮き足立ち
小保方さんを囲み、
我こそは共同研究者、
我こそは彼女の上司とばかり
彼女に群がっていたように見えてならない。
それもそのはず、STAP細胞が存在すれば
それはそれは画期的な大発見で
人類の未来は劇的に進化する。
また、巨大な利権も絡む。

iPS細胞の京大の山中教授に
大きく水をあけられた理研にとって
また

iPS細胞の出現で過去のものとなってしまったES細胞
そのES細胞の大家の
笹井芳樹副センター長にとって
今回のSTAP細胞は、
満塁サヨナラホームランであり
小保方さんは彼らのシンデレラであったのだろう。



(理研HPより)

■共同研究者として名を連ねた者たちの罪
しかし、雲行きが悪くなると
かくも人間は変わってしまうものなのか。
彼女を除く共同研究者は7
人。
暴風雨が過ぎるのを待つ作戦に出る者も
反転攻撃にも転じた者もいた。
当然、最も弱いピンポイントに
その矛先はむけられる。


理研の笹井芳樹副センター長に至っては
4月16日に都内で記者会見を行った。
何を伝えようとお考えなのかと関心を持っていた。
記者会見では
「ほとんど研究にはたずさわらず
2年近い研究の最後の2か月ほどしか携わっていない。」
  (あの時、私が指導したと
       誇らしげだったじゃないか)
「最終的な論文の校正だけだった。」
  (共同研究者の笹井です
       言ってたじゃないですか)
「生データや実験ノートを見る機会がなかった。」
  (そんないい加減な取り組みで
       共同研究者になれるの?)
「直属の部下ではなかった。」
  (あんとき指導的立場にあると
       言ってたじゃないですか)
等々、会見の文脈としては
『私は今回の不正に手を汚していない。 責任はない』
と言わんばかりの腰の引けよう。

これって、今回の論文のコピペや画像の取違え等の
捏造疑惑以上の犯罪行為に思えてならない。
ギフトオーサーシップ(gift authorship)という
れっきとした罪にならないのだろうか。
論文の共著者の資格のない方々が
いろいろな思惑で名を連ねるのが
ギフトオーサーシップであり
犯罪行為である。
問題にならないのだろうか。
罪にならないのだろうか。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | 時事問題 | comments(0) | trackbacks(0)
郷土力士

220px-Banzuke2[1].jpg

(大相撲夏場所の番付表)

5月26日(月)  郷土力士
昨日、大相撲夏場所が横綱白鳳の
29回目(29歳だそうだ)の優勝で幕を閉じた。
トップの画像は、その夏場所の本物の番付表だ。
実はこの中に、一人よく知っている力士がいる。
しこ名は「仲井」本名「仲井君隆」出身志摩市。
(仲井の力士情報はココ)
英心高等学校のこの春の卒業生である。
まだまだ、入門したてで
1月の初場所で前相撲をとったばかりだ。
まえ相撲とは番付外の力士がとる相撲のこと。

3月の大阪場所では、一番下のランクの
「序の口」で3勝4敗と負け越したが、
5月の夏場所では、次のランクの
「序二段」に出世。
今回、4勝3敗と勝ち越した。

英心入学当時は、気弱な少年で
自分に対して自信が持ててない印象で
覇気がなく、消極的なイメージがあった。

けれど体格は人並み外れた大きさがあり、
腕や足などはどうやったらこうも太くなるのだろうと
思うほどでかかった。

体がでかいこと、人より力が強いことに目覚め始めたのは
彼が英心高校2年のころだ。
きっかけは、週一回時間割に組まれていた
「ビジネスマナー」の授業だ。

団体行動の規律や礼儀作法も含め
伊勢のスポーツジム「ジャングルジム」経営の
三橋信之氏に特別講師をお願いした。
三橋先生のパワーリフティングを通じて
礼儀正しさや、心の強さを育む
授業を取り入れていた。

三橋マジックにより
授業を通じ仲井自らの潜在意識を
開花していただき
3年になる頃、相撲界への挑戦を
視野に入れるようになった。

初めて正式な場で相撲を取ったのは
平成25年6月30日だ。
国体の県予選があり
県内の高校生力士10人が
宇治山田高校の相撲場で
総当たり戦が行われた。

それに合わせて相撲の指導を受けていたものの
格技の経験もなく技のレパートリーも乏しく、
体を生かした押し相撲に徹した戦いぶりだった。
小兵力士のスピードある動きに
バッタリというシーンもあったが
型にはまるといわゆる「デンシャ道」。
10人中確か4位で国体出場は果たせなかったが
大健闘で感心した。


そして昨年の12月24日に、
「尾上部屋」に入門
年末の新弟子検査に合格。
初場所前に親方につれ添われ
学校を表敬訪問した時の写真がこれ。

すっかりお相撲さん教育が行き届いていて
受け答えやしぐさはお相撲さんらしくなっていて驚いた。

「一生懸命精進します。」
など彼の口から聞いたことのない
良質の回答が聞けたことも驚きだった。
相撲界の教育力に脱帽。

(左から尾上親方、私、仲井、豊田T、三橋信之氏)

相撲界は実力世界で厳しい勝負の世界。
どこまで通用するかはもちろん未知数だが、
しっかり応援していきたい。

場所中、新聞に郷土力士の記事もある。
是非、皆さんも注目して応援してやってください。





 

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | プライベート | comments(0) | trackbacks(0)
鉄輪4
P5061064.jpg
(はじめに入った「上人湯」の入り口)

5月25日(日) 鉄輪4「風呂三昧」

鉄輪はいたるところに公衆浴場がある。
分布頻度は、回覧板の回る範囲程度に
一つの割合で公衆浴場はあった。

管理は地区の方々が行っていて
組合費を月1000円払っていて
組合員は入り放題。
外部の人間は、入湯料一人100円とど
この浴場も相場は決まっていた。

「上人湯」は向かいの大衆食堂のおばちゃんが
管理人らしく、食堂で100円払うと木札をくれる。
入浴中は剣道場の木札よろしく壁にぶら下げる。
P5061068.jpg
(支払い済みの証拠の木札)
でもほとんどの公衆浴場は
集金役の人すらいなく
入湯料100円は入り口の
お地蔵様のさい銭箱に入れる仕組みだ。
仏さまがご覧になっているから
ごまかす人はいないそうだ。
P5061063.jpg

田舎へ行くとよく見かける
無人の野菜売りスタンドと同じく
日本流性善説が根っこにあった。

P5061065.jpg
(上人湯の内部)
100円はえらく安いと驚いたが
見ての通りのシンプルな設備。
シャワー、鏡、ドライヤーなど
あれば便利だがなくとも済む
余計な贅肉は一切ない。
人件費もゼロ。
組合の人が輪番で掃除に来るので
ひなびた外観と構えだが
しっかりと清掃されていて清潔感はあった。

湯は、源泉かけ流しだ。
高温の温泉が
温泉成分の結晶のこびり付いたパイプから
糸のように少量ずつ流れ出ている。
光熱費も不要。

この辺りは、湯治客用の貸間もたくさんある。
風呂で話した神戸の人は、
定年退職後、鉄輪に引っ越し、家を買い、組合に入り、
現在、風呂びたりの極楽人生だと
湯けむりの中ゆったりとした口調で聞かせてくれた。

ゆっくりしたい気持ちはあったが
お目当ての公衆浴場は、まだまだあり
30分ほど楽しんで、「上人湯」を後にした。

少し坂を下ると「渋の湯」がある。

P5061072.jpg
公衆浴場に共通する点はいくつかある。

必ず、入り口にお地蔵さまがあるのだ
お行儀よくお湯を楽しめるよう
そっと見守ってくれている。

先ほども書いたが
贅肉がない。
湯に入るとは、まさにこう言うことなのかと
極めつけのシンプルと新鮮さに
納得というより、感動させられる。

愛されて使い込まれた特有の場が持つ
清潔さと快適さをどの公衆浴場でも感じた。

P5061073.jpg
(渋の湯の湯船)
渋の湯の路地を下ると「すじの湯」がある。
P5061081.jpg
(すじの湯)

小川の近くには「谷の湯」
ここは、藤原新也の写真集「鉄輪」にも載っていた。
彼が高校生のとき、旅芸人の座長さんとの出会いで
人生の方向性を諭してくれた場として載っていた。
P5061107.jpg
(谷の湯)

市営の公衆浴場もある。
市営の浴場は、税金で賄われるため
性善説にのっとった経営ができないためか
数人の職員が雇われていて
入浴切符を販売しそれに見合ったサービスをしている。
「鉄輪むし湯」は公営で
薬草を利用したドライサウナの形態。
サウナ着もいることから
500円以上はした。
他の公衆浴場とは趣が異なる。
P5061077.jpg
(鉄輪むし湯)
P5061138.jpg
(気分は藤原新也で路地を歩く)
P5061128.jpg
P5061130.jpg
(路地の地面は地熱で暖かだった。)
P5071144.jpgP5071147.jpg
別府港に停泊のサンフラワーで帰路につく。
こうして還暦メモリアル旅行は終わり
おさだ朗の人生第2幕がスタートした。

ここまで読んでくれた人、
プライベートな話にお付き合いいただき
本当にありがとうございました。
                    (完)
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
ランキングに参加中です!気が向いたらクリックして下さい!
by 長田朗 | プライベート | comments(0) | trackbacks(0)
おさだ朗をフォローしてください!

おさだ朗 おさだ朗 元伊勢市市議会議員。 詳しくは写真をクリック!
新しい記事
カテゴリー
長田朗blogの注目記事
コメント
過去の記事
リンク



おさだ朗のフェイスブックはこちら



明勢会・市政報告会の案内

Since 2009.09.19

PV:無料カウンター
UU:
無料カウンター

携帯用サイト
qrcode